Home > Photo Tips | その他 > Photoshop CS5の魔法のツール、「コンテンツに応じた塗りつぶし」のちょっとしたコツ

Photoshop CS5の魔法のツール、「コンテンツに応じた塗りつぶし」のちょっとしたコツ

Photoshop CS5から搭載された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能は写真から余計な被写体を取り除くのに非常に便利なツールです。
状況によってはそれこそ選択範囲→塗りつぶしの2工程だけでほぼ完全な結果を得ることすらできます。

ですが、このツールもいつでもパーフェクトな結果を出すわけではありません。
壁際だったり、画面端に「半分隠れた」ような被写体を消すのは全自動では上手く行かないケースがあります。

そんなときの対処方法を簡単に解説。


柱に半分隠れた女性。

ちょっとこの写真からどいてもらいましょう。シルエットを選択して...


選択範囲を「コンテンツに応じる」塗りつぶし!
...柱の影響が大きく望んだイメージとは異なる結果になりました。


こんなときは柱をのぞいた「消したい部分」と、「消したあとに影響して欲しい周辺部分」を選択し、別レイヤーに貼り付けます。

そしてまたシルエットを選択して塗りつぶし!
今度はイメージに近い状態になりました。

あとは元のレイヤーと結合し、調整します。

完成。

ちょっとしたコツを覚えるだけで今までスタンプツールで悪戦苦闘した修正が短時間で行えます。
CS5、オススメですよ。


Comments:0

Comment Form

画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://photophoto.undo.jp/mt/mt-tb.cgi/199
Listed below are links to weblogs that reference
Photoshop CS5の魔法のツール、「コンテンツに応じた塗りつぶし」のちょっとしたコツ from タテコウズ

Home > Photo Tips | その他 > Photoshop CS5の魔法のツール、「コンテンツに応じた塗りつぶし」のちょっとしたコツ

Links
Search
Feeds

Return to page top